アカデミー

毎年メインテーマを決め、テーマに即した実技・講義の両面から学んでいくクラスです。
着物の背景に広がる奥深い世界に目をむけ、日本の伝統や工芸についての知識を掘り下げていくのが目的です。(和装組曲以外の方も受講できます。)
開催日時は不定期ですので参加ご希望の方は和装組曲までお問い合わせ下さい。
着物の着用が原則、出席はアトランダムでも構いません。

長い経験のある現場の方々とのやり取りを通して知識や技を肌で感じ取り、自分の和の世界の知識を濃く深く体感し昇華させていくためのクラスです。
着物の販売や買い付けなどを目的にしている方々の参加はご遠慮いただいていますのでご了承ください。

加賀の染め文化

〈実施日〉

2008年12月7日(日) ※ 終了しました

〈内容〉

講 師:平木  孝志 様
参加者:14名
後 援:北國新聞社

250年続く染め元に生まれた平木氏が藩政期から伝わる貴重で緻密な伊勢型を資料として使いながら染めの着物に使われる染料や染めの技法、友禅のいわれや成り立ちを分かりやすく講演してくださいました。

ユーモアたっぷり、金沢弁を駆使しての和気藹々とした雰囲気の中、金沢の風土に根ざした技に驚きと歓声が上がる楽しいひと時でもあり、予定時間を超えての先生の熱い講演に心から感謝いたします。

一般参加者や着物愛好家の男性の参加者などもあり、金沢には着物やその歴史に対する関心や慈しみ、郷土に対する誇りが脈々と息づいていることを頼もしく感じました。

  • 1207
  • 1207-03

「琵琶の弾き語りの夕べ」平家物語 ~敦盛~

〈実施日〉

2008年11月29日(土) ※ 終了しました

〈内容〉

琵琶奏者:錦心流琵琶全国一水会金沢支部
増泉 由水 様
参加者:13名
後 援:北國新聞社

 祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり

霜月末の夕、奏者の低い声が七五調の和漢混淆文で書かれた流麗な名文を朗々と語る…弾き語りの佳境では琵琶が荒々しくかき鳴らされ宿命の対決を熱のこもった撥捌きで臨場感豊かに表現していただきました。

今回、期せずして東京から著名なフラメンコダンサー手下倭里亜さんが着物姿で参加してくださいました。

琵琶の演奏でフラメンコを踊った経験を持つ彼女の話は、歌でも楽器でもさらに踊りでも魂を呼び起こす力や魂に触れる心がいかに大切かを熱い言葉で語ってくださいました。
常に一流であり続ける人のひたむきな情熱と真摯な姿を垣間見る言葉で満たされていました。

今回は増泉様と手下様お2人にその場の空気を一瞬に変える、人の存在感と言うものをも体感させていただきました。貴重な体験・・・本当にありがとうございました。

  • 1129-03
  • 1129-02

「神事としきたり」~和装組曲一周年イベント~

〈実施日〉

2008年10月11日(土) ※ 終了しました

〈内容〉

講 師:長田菅原神社宮司 橘 昭男 様
参加者:18名
後 援:北國新聞社

人生の節目で遭遇する神社とのかかわりを通して我々日本人の暮らしにどう神社が関わってきたのかを分かりやすく講演していただきました。神社や神棚がより身近なものとして感じていただけたのではないかと思います。

今回は愛知県からも若い女性お2人、着物姿で参加して頂きました。神棚のこと、拝の仕方など年配者でも案外知らない地味な話を、若い方々が一時間正座し身をただし、真剣に理解しようとする姿に感動。

着物は外見を飾る為のものではなく、こういう真摯な心のありようが反映されるからこそ美しいのだと、再認識した時間でもありました。
講演の最後には雅楽の音色で、厳粛な一時に……幕。

  • 1011-01

秋風を籠目に生ける~和の草花を使って~

〈実施日〉

2008年9月23日(火) ※ 終了しました

〈内容〉

講 師:山根 典子 様
参加者:7名
後 援:北國新聞社

… 萩・尾花・葛・撫子・女郎花・藤袴・桔梗 …

古来、春の七草は味わって楽しみ、秋の七草は眺めて楽しむ…と言われて来ました。
控えめでちょっと俯いた風情の秋の草花をざっくりした籠目に生けることで秋のイメージと気配を少し楽しんでいただけたのではないかと思います。

七草に限らず秋の草花は、着物や帯柄として使用されるのはもとより、能装束にまで多く見られます。その風情は優雅で繊細、上品で典麗・・その反面、何処か儚げで哀愁を帯び深い情緒・余情をも誘います。

・・・・秋・・・・季節の中でも女性をあらわす一番近い季節なのかもしれませんね。

いついつまでも秋の草花を愛し、
愛でる心を持ち続けたい…と、願いつつ・・・

秋の野に咲きたる花を指(および)折り
かき数ふれば七草(ななくさ)の花

(山上憶良『万葉集』)

  • 0923-02
  • 0923-01

「一宮創業塾」で講演

〈実施日〉

2008年9月6日(土) ※ 終了しました

〈内容〉

主 催:尾張一宮商工会議所/日本商工会議所
参加者:40余名

創業にあたっての最新の情報・知識のノウハウを五日間で得る短期集中講座が経営の専門家・日野眞明氏を講師として愛知県一宮で開催されました。

この初日、「創業への思い」と言う内容での講演と、日野眞明氏とともに質疑応答と、合計二時間半・・・・冷や汗をかきながら、愛知の方の秘めたるパワーをビンビン感じながら過ごさせていただきました。お付き合いいただきましてありがとうございました。

「和装組曲」のこれからの運営を、真摯に真面目に誠実に取り組んでいかなければ・・・・と思いを新たにして帰途に着きました。

  • 080906

「魅せる色合わせ」~64色の色半襟を使って~

〈実施日〉

2008年8月29日(金) ※ 終了しました

〈内容〉

講 師:澤 昭子 様
参加者:6名
後 援:北國新聞社

色の基礎知識、組み合わせ効果を学んだあと、鏡に向かい個々の顔映りの良い色を一枚一枚絞り込みました。

明るい色を生き生きと着こなす人、
渋い色の方が肌の透明感を増す人…

優しい色の似合う人、強い色に負けない人…
似合う色が好きな色と一致する人、一致しない人…

たとえ苦手な色の領域のものでも、明度・彩度を工夫する事により着られるような色目を少し増やすことができたのではないでしょうか?

一時間半の予定が三時間にも及び、皆さんの色に対する興味の深さが窺えました。
参加の皆さん…お疲れ様でした。

  • 0829-01
  • 0829-02
  • np_color2
  • 0829-04

「おうみ創業塾」で講演

〈実施日〉

2008年7月20日(日) ※ 終了しました

〈内容〉

主 催:滋賀県商工会連合会/全国商工会連合会
参加者:40名弱

「おうみ創業塾」は、創業を志す人を対象にした少人数制のゼミナール形式で、経験豊かな専門家・日野眞明氏が質の高い講義を行い、独立企業を目指す人たちを手助けする創業人材育成事業の短期集中研修です。

ここの初日…「和装組曲ができるまで」という題で一時間弱講演してきました。
講演後は制御システム開発のジョイントノアの国広卓生さんとともに「創業への熱い思い」を質疑応答を交えながら、緊張感溢れる中で満喫してきました。

会場の皆さん、暑い中、つたない話を聞いてくださりありがとうございました。

近江の海(現在の琵琶湖)のみえる講演会場と言うこともあり、この日の帯は柿本人麻呂の

「近江の海 夕波千鳥
汝が鳴けば 心もしのに
古(いにしえ)思ほゆ」

の歌を書いた帯を締めて…
休憩の時五階から見た琵琶湖の漣に、どこか懐かしく大らかな古人(いにしえびと)の感性の豊かさに少し触れる思いがいたしました。

この帯は生涯、思い出深いものとなるでしょう。

  • 0720-01
  • 0720-04

トンボ玉を使っての根付制作

〈実施日〉

2008年7月12日(土) ※ 終了しました

〈内容〉

講 師:市川 美智留 様
参加者:8名
後 援:北國新聞社

ガラス工芸作家”市川 篤氏”に今回特別にお願いして制作していただいたトンボ玉を使っての講習会。

暑い中…参加者は浴衣を着て、自分の帯にピッタリの根付つくりに励みました。好みの色や形を選び、思い思いの麻糸を使って。

ガラスの持つ美しい艶とキラリと光る透明感…

動くたびに微かに揺れる胸元の根付は清涼感を演出し、浴衣姿に一段と巾と広がりを与えてくれました。

しかし、何より先人達の生み出した無駄のない紐の結び方の妙、受け継がれてきた紐結びの洗練された技の美しさに感嘆・感動の二時間でした。

  • 080712-01
  • 080712-03
  • 080712-02
  • np_tombo

「ゆかたの着こなしと映えるメーキャップの講習」

〈実施日〉

2008年6月29日(日) ※ 終了しました

〈内容〉

メーキャップ講師:西野 恵美子 様(Hair Bless)
参加者:12名

可愛いから、粋までの帯結びをしっかり習得していただきました。

今年は自分でお気に入りの帯結びをして、ゆかた姿で花火大会にいけます。

この度はメーキャップの先生をお呼びして、ゆかた姿を一段とあでやかにするメーキャップの講習とコラボレーションしました。みなさん熱心に習得して、ますます際立つゆかた姿を目指しました。

  • 0629-01
  • 0630-04
  • 0629-02

「着物コーディネイト&着付け」

〈実施日〉

2008年6月10日(火) ※ 終了しました

〈内容〉

〜富山の雑誌「Takt 劇的変身コーナー」〜

ヘア  西野 恵二さん(Hair Bless)
メイク    西野 恵美子さん(Hair Bless)
カメラマン 南部 幹さん(南部スタジオ)
着物コーディネイト&着付け 長谷川 瑞恵(和装組曲)

楽しく素敵なひと時を過ごさせていただきました。
皆様、ありがとうございました。

  • 0610-01

香道『聞香会』

〈実施日〉

2008年5月24日(土) ※ 終了しました

〈内容〉

講師 : 香舗「伽羅」
参加者 : 12名

今年は源氏物語が誕生して1000年ということもあり組香「源氏香」を開催いたしました。

雨の降る夕べ、明かりを落とした室内で、心静かに感性を研ぎ澄ませて香りを「聞く」事に集中した雅なひと時でした。高沢先生から「お席といたしましては素晴らしい集中力でした。」というお褒めの言葉も頂きました。

「香は心静かに聞く」のが基本とのこと・・・疲れた時、心乱れている時などに、ちょっとかいて楽しんでいけたら素敵ですね。

  • 0524-02
  • 0524_img2
  • 0524-04
  • 0524_img3

「着物に似合うヘアとメイクのコツ」講習会

〈実施日〉

2008年4月21日(月) ※ 終了しました

〈内容〉

講師 : 美容室「ラコスタ」オーナーの西田・水野ご夫妻
参加者 : 7名

和装組曲初めての講習会。
カラーの巻き方・逆毛の立て方・スプレーの裏技・アイメイクのコツなど、プロのテクニックを習得しようと真剣な二時間でした。

  • 001-01
  • 001-02
  • hair_img