アカデミー

毎年メインテーマを決め、テーマに即した実技・講義の両面から学んでいくクラスです。
着物の背景に広がる奥深い世界に目をむけ、日本の伝統や工芸についての知識を掘り下げていくのが目的です。(和装組曲以外の方も受講できます。)
開催日時は不定期ですので参加ご希望の方は和装組曲までお問い合わせ下さい。
着物の着用が原則、出席はアトランダムでも構いません。

長い経験のある現場の方々とのやり取りを通して知識や技を肌で感じ取り、自分の和の世界の知識を濃く深く体感し昇華させていくためのクラスです。
着物の販売や買い付けなどを目的にしている方々の参加はご遠慮いただいていますのでご了承ください。

束帯のきせつけ

〈実施日〉

2012年8月25日(土) ※ 終了しました

〈内容〉

場 所:坪内株式会社(京都市内)
解 説:熊谷宝子さま(衣紋道高倉流京都道場会頭)
参加者:6名

五月に十二単の着せつけを見学させて頂いてより、念願だった束帯の着せつけを今回は見学させていただきました。ちょっとしたショーなどで十二単は時々目にすることがありますが束帯は案外見る機会というのは少ないのではないでしょうか。

めったにない機会ですので写真を添えながら着装順番をお見せできればと思います。

  1.     小袖 、襪(しとうず)、冠
  2.     大口
  3.     表袴に足を通す
  4.     単、袙
  5.     表袴の紐で腰をとめる
  6.     下襲、裾をつけ裾の腰ひもでしめる
  7.     袍を纏い石帯で腰をとめる
  8.     平緒を帯として整える
  9.     太刀を佩(は)き、両袖口に「輪な」をつくる
  10.     檜扇、帖紙(たとう)を懐中に入れ右手に笏(しゃく)

完成となる。

宮中などではこのようにして「裾」(きょ)をお付きの方が持って歩いたらしいのだが緊急を要する時には裾をたたみ太刀の後ろに挟んだり掛けたりしたらしい。

中々見ることができないのでこの機会に写真でご紹介します。

 

 

熊谷宝子先生はじめ、衣紋者のお二人、モデルの方、坪内株式会社会長様はじめ社員の方々本当に有難うございました。講義内容も深く掘り下げていただき楽しくもアカデミックなひと時でした。ゆったりした場所で静に充実できたことをここに感謝申し上げます。
皆様、本当に有難うございました。

十二単も束帯も今年は見学という形でしたが、来年2013年、実技として今度は金沢の和装組曲の中での講義と実践を計画しています。
まずは十二単を着せつけられるようなカリキュラムを熊谷先生に組んで頂くことになりました。一年間で五回というペースになります。詳細は今秋にHPにアップできればと思っています。

仕事、家庭などの都合で、今回京都まで来られなかった方、更に深く勉強したい方どうぞお楽しみになさってください。

  • 0825-01
  • 0825-02

初夏をいける 〜初夏の草花を籠目にいける〜

〈実施日〉

2012年5月20日(日) ※ 終了しました

〈内容〉

場 所:和装組曲
解 説:山根典子さま(小原流一級家元講師)
参加者:9名
後 援:北國新聞社

「秋風を籠目にいける」と題して秋の草花を籠目にいけた前回のイベントが好評だったため、今回は「初夏をいける」と題してこの季節ならではの菖蒲、しもつけ、利休草、つつじ、先代萩、玉菊、鳴子ユリなどを花材に使い琳派を意識した形でのいけかたに挑戦してみました。

扇面図に描かれた草花をイメージしそれに沿った各自の思いでいけて楽しみました。
着物でお花をいけるという状況の下で、普段目にする洋花のアレンジとは一味違い、着物教室ならではの和の風情を生け方や花材で感じ、互いに相乗効果となり充実したひと時を持つことができたと思います。

着物を着ると云うことを最終目的にするのではなく、着物を着ることで広がる世界、また着物を着ているからこそ味わえる新しい世界の体験をこれからも挑戦し続けていきたいと感じています。

講師の先生には東京からわざわざおいでいただき、自分の作品を作る楽しみを教えて頂いたことに心より感謝申し上げます。各自が思いのこもった作品を手に帰途につき自分の空間をそれぞれのおうちで演出されたことでしょう。本当に有難うございました。

  • CIMG5241
  • CIMG5225
  • CIMG5235

十二単のきせつけ

〈実施日〉

2012年5月19日(土) ※ 終了しました

〈内容〉

場 所:坪内株式会社(京都市内)
解 説:熊谷宝子さま(衣紋道高倉流京都道場会頭)
参加者:9名

以前から有志で計画していた十二単の着せ付け(御服上げ)を勉強に行ってきました。
御方さまを想定したモデルの方と前後の着せ付けの方二人による実演を熊谷さんの説明を聞きながら見学してきました。

書物や解説で知っている知識では中々分りづらい仔細な部分を実際間近で見せていただいての勉強会なので納得のいくことが多く満足のいく講習でした。

白の小袖、濃袴、濃単、五衣、打衣、表着、唐衣、裳

一連の流れるような作業と襟元、袖口、裾に現れていくグラデーションの美しさ・・

最後に髪型や檜扇、簪の名前、意味、使われ方、なども詳しく紹介頂き髪の仕組みや小物を実際に見ることもでき感激でした。

熊谷宝子さま、お忙しい中和装組曲の今回の勉強会にご尽力くださり本当に有難うございました。また微動だにせずモデルとして長時間立って下さっていた御方様役の方、着せつける役割の御前装束人、後衣紋者のお二人さまありがとうございました。
又今回の為に会場を提供して下さった坪内株式会社の会長さまはじめ休日の折にもかかわらず出社下さった社員の皆さま、本当にお世話になりました。

心より御礼もうしあげます。

  • 熊谷宝子さま_R
  • 0519-04
  • CIMG5192_R
  • 講習風景2
  • 講習風景1

入園・入学式に備えて・・・着物のコツ

〈実施日〉

2012年3月12日(月) ※ 終了しました

〈内容〉

場 所:和装組曲
主 催:石川テレビ

石川テレビの朝の番組「石川さん情報Liveリフレッシュ」の中の「ふるさとQ」が和装組曲の教室内で中継されました。番組の中でトータル五分程の内容。

石川テレビのアナウンサー小野木梨衣さんとともに和装組曲の生徒さんやチーム・HASEGAWAのメンバーも含めて六名参加しスタート。

襦袢や着物を着る時のちょっとしたコツを織り交ぜながら和の世界の奥深さを感じていただければ・・と皆一生懸命でした。
緊張した中にも和気あいあいとしたムードを作りだして下さったのは石川テレビのディレクターさんやカメラさん、電波担当の方々。流石です。程良い緊張の中楽しくテレビの生中継に参加できました。

打ち合わせに始まりリハーサル、本番と素人には何が何だかわからない中、終始にこやかに、落ち着いて、そして明るくムード作りをしていただきました事や、プロとしての仕事にかける思いなどを垣間見ることができ本当に私達にとっても勉強になるひと時でした。私達も思いを新たに今後頑張らないといけないと各自が自覚した日でもありました。今後の皆さんのご活躍を陰ながら祈っています。本当に有難うございました。

  • 撮影二
  • 撮影五
  • 撮影三
  • CIMG5091

京都で織り体験

〈実施日〉

2012年3月3日(土) ※ 終了しました

〈内容〉

場 所:織成館(京都市上京区)
解 説:財団法人 手織技術振興財団 織成館 金田 さま
参加者:10名

有志だけでそっと織体験をしてこようと思い立ったのが遂に実現。期せずして雛祭りの日でした。

朝8時すぎのサンダーバードで京都へ向かう。午後12時すぎ織成館到着。館内を案内に従いながら説明を受け町屋の雰囲気、昔の方々の住まいの工夫や生活に思いをはせる。館内には様々な衣装、能装束の展示。季節の梅の古い着物や帯に歓声が上がる。

普段中々見られない手の込んだ着物や帯、唐織の能装束の復元の過程など職員の金田さんの丁寧で分りやすく行き届いたに説明にイメージが広がり一瞬にして想像の世界に浮遊。

その後織体験と染工房の見学に分れながら楽しんだひと時でした。

いざ!!体験!!

見ているのと違い案外難しい織の手法。思い思いの色の管を杼にセッティングし踏み木を操作しながら綜絖の上げ下げを繰り返しその後に筬をしっかり打ちこむ・・管の糸がなくなった時の糸の始末・・中々馴れない中、少しづつ織り上がる楽しさを味わい「今日は織姫気分」と楽しんできました。一方工場ではジャガードを見、パンチカードに触らせてもらいながら、こちらは何時しか職人気分。又お向かいの染工房で染め上がったばかりの舞子さんの衣装を見学しながら、本でしか見たことのない伸子張りの過程なども堪能&納得。

とにかく何から何まで本の中でしか知らない事を実際に見、触り、体験し、話を聞き、あっという間の半日でした。

最後は宿泊先の町屋までご案内頂き感激のうちに時間の過ぎた体験会でした。

翌日は思い思いの所に出かけ、着物、帯、半襟、扇子、履物・・・京都でないとみられないお店をゆっくり散策しながらのお楽しみのひと時。あっという間に時間となり、サンダーバードに乗り込むメンバーたち。電車の中では高機の仕組みや名称を復習しながら今度は染め体験ツアーをくみましょう・・・と。

自分で選んだ糸で歓声を上げながら一越一越織った想い出は、出来上がった作品以上に心温まるものとなりました。織成館の職員の皆さま、本当によくして頂いて有難うございました。

  • 0304-02

ワインソムリエに学ぶワインのいろは

〈実施日〉

2012年2月18日(土) ※ 終了しました

〈内容〉

場 所:ワインバー・シャトーシノン(金沢市片町1-1-18)
講 師:シニアソムリエ 辻 健一さま
参加者:8名
後 援:北國新聞社

雪まだ残る金沢、しかも前日にも又雪、さらに当日は雪の舞い散るまさに悪天候の中、着物で草履のいでたち、それでも決行した和装組曲の猛者8名によるワイン教室が開講されました。髪にも肩にも雪を載せながらシャトーシノンのドアを開け、まずはたどり着けたことを安堵する私達、にこやかにお迎え下さったのは金沢の顔、今では石川の顔として超有名なワインの第一人者、辻健一様。

ワインの歴史、アルコールの中での位置づけ、その成り立ちに始まり、作り方、ワインにふさわしい葡萄の品質を簡単に講義くださる、コンパクトに凝縮された内容に私達は一瞬に引き込まれワインの奥深さに圧倒され、自らもワインスクールを開催され人気のあるのもうなずける辻さまの話の内容に皆一瞬に引きつけられた一時でした。

クライマックスはテイスティング、実際に五種類のワインを前に、ワインの色、透明感、足、香り、見極め方を私達素人にもわかりやすくご教授いただきました。時間と共に変化するワインの香りと味わいにフードとの相性まで実感。目からうろこの内容に感嘆の声。この日味わわせて頂いたワインは、ミュスカデ種、シャルドネ種、ガルナッチャ種、ガベルネ・ソービニヨン種など。

なんと最後は皆初体験「貴腐ワイン」。「えっ??この料金で大丈夫??」の声。予定時間になっても誰ひとり席を立たず辻様の話に食い入るように集中。
他のお客様のお越しの時間になり慌てて身支度する私でしたが、他の方はその後一時間二時間残られてお料理とワインの素敵なマッチング、それ以上に辻様の話の妙、ワインが醸し出す雰囲気を楽しまれたようです。

土曜日の夕べ、お店の混む時間帯、和装組曲の為にワインスクールを特別に開催下さりお時間頂きましたことをここにお礼申し上げます。ワインというものに全く無知な私達にワインによる至福の時間の過ごし方の手ほどきを分りやすく笑いを交えながらご教授下さった辻健一さま。びっくりするような低料金でここまで教えて下さるのだと一同頭がさがりました。今度は一人で行こうと秘かに思いながらしんしんと雪の降りしきる夜の片町を後にした次第です。本当に素晴らしい内容だったことを添えさせていただきます。辻様、本当に有難うございました、心より御礼申し上げます。

  • 0218-04
  • 0218-05

新春聞香会〜源氏香〜

〈実施日〉

2012年1月21日(土) ※ 終了しました

〈内容〉

場 所:香舗「伽羅」(金沢市高岡19-17)
講 師:香舗「伽羅」さま
参加者:14名
後 援:北國新聞社

色よりも 香こそあはれと おもほゆれ
誰が袖触れし 宿の梅ぞも

(古今春)

香道とは、一定の作法に基づいて香木をたき、その香りを鑑賞して楽しむ日本の伝統芸能です。そういう意味で作法や香席の流れは茶道と少し似ているかもしれません。香道の面白い点は「香りを当てる」というゲーム性を持ち、又香りそのものを味わい楽しみ、香りによって浮かぶイメージの中で感性を磨き自分を高めることを目的としているところです。

和装組曲で開催する聞香会は今回で三回目。ご好評頂いた「源氏香」を今回は「伽羅」さまのお香席をお借りして開催致しました。最初に高澤さまより香道の歴史、作法を解説頂きながらの幕開けとなりました。

今までとちょっと違うのは一般参加の男性三名。男性の着物姿、袴姿はキリリと格好よく参加した女性からは「男性の着物姿はやはり素敵」という感想まで飛び出し和やかな中にも静かな雅の世界。

「伽羅」「羅國」などの微妙な香りを聞きながら全問正解者で「玉」の字を頂いたのは二名。
着物の意匠図、源氏香の成り立ちが最後に分り、「こういうことから名前が付いたのね」と納得していただけました。
寒い中のイベントとはいえ雪もなく無事終えることができました。
「伽羅」の高澤恵子さま、源氏香「初音」の模様のおまんじゅうまでご用意頂きまして本当に恐れ入ります。有難うございました。

年月を 待つにひかれて 経(ふ)る人に
今日うぐひすの 初音きかせよ

(源氏物語 初音より)

 

  • CIMG4785
  • CIMG4811
  • CIMG4747
  • CIMG4749
  • 床の間の香木
  • CIMG4767
  • CIMG4796
  • 新聞記事